医師の紹介|名古屋市昭和区のおかやま糖尿病・甲状腺クリニック、内分泌内科、糖尿病内科、一般内科

診療時間9:00~12:00/15:30~18:30 tel:052-842-1118
地下鉄桜山駅すぐ
毎月の混雑予測

医師・スタッフ紹介

Contents
In English - For foreigners -
メディア掲載 - Publication -
求人情報 - Recruit -
ブログ - Blog -
トップページ»  医師・スタッフ紹介

ご挨拶

岡崎北高校を昭和52年に、名古屋市立大学を昭和58年に卒業し、名古屋市立大学第一内科での研修、知多厚生病院内科での勤務を経て、平成2年1月より平成28年3月まで、約26年間名古屋市立大学に所属しておりました。
その間、平成8年から約2年間、米国ルイジアナ州立大学生理学教室に留学し、主にストレスと血管障害の関係について研究しておりました。
帰国後は、内分泌・糖尿病内科にて、糖尿病、甲状腺をはじめとする内分泌の病気、高脂血症、痛風、高尿酸血症、肥満、高血圧などの生活習慣病を専門に、外来および入院患者さんの診療にあたるとともに、糖尿病と動脈硬化に関する研究や、医学部の学生、大学院生の教育も行っておりました。また、その間に、総合内科専門医、糖尿病専門医(指導医)、内分泌代謝科専門医(指導医)も取得しております。
その後、平成19年から約9年間内分泌・糖尿病内科部長を勤め、また平成23年から約5年間消化器・代謝内科学の病院教授も勤めまして、糖尿病、内分泌領域の発展に、微力ながらも寄与して参りましたつもりです。
この度平成28年5月に、いままでの経験を生かしまして、名古屋市立大学の地元である桜山に開業し、気軽に受診し、より待ち時間を少なく、専門領域の診療を受けたり、総合内科専門医としての内科一般の診療も受けられるようにいたしました。
また、いままでの経歴を生かし、名古屋市立大学病院をはじめ、地域の中核病院との連携も密にとりまして、安心、安全な医療を提供させていただきます。

院長 岡山 直司

院長略歴

昭和58年
名古屋市立大学医学部 卒業
平成6年
名古屋市立大学 第一内科 助手
平成7年
医学博士取得(名古屋市立大学)
平成8年
米国ルイジアナ州立大学留学(2年間)
平成13年
名古屋市立大学 第一内科 講師
名古屋市立大学病院 内分泌・糖尿病内科 副部長
平成19年
名古屋市立大学病院 内分泌・糖尿病内科 部長
平成23年
名古屋市立大学 消化器・代謝内科学 病院教授

資格および主な所属学会

  • 日本内科学会 総合内科専門医
  • 日本糖尿病学会 糖尿病専門医、研修指導医
  • 日本内分泌学会 内分泌代謝科専門医、指導医
  • 日本消化器病学会 専門医
  • 日本消化器内視鏡学会 専門医

専門医とは?

学会により異なりますが、認定医よりさらに高度な知識や経験を持つ医師として、学会が認定したという資格になります。日本内科学会がそのひとつです。

各学会により取得条件など難しさが違いますが、

  • 認定医として認定されている事(学会により異なります)
  • 一定数年以上の研修指定病院にて専門研修を受けている必要がある事
  • 決められた発表業績をクリアしている事
  • 相当例以上の入院及び外来の診療経験を有する事

などが必要であり、
かつ専門医資格の試験にクリアする事が必要な資格になります。
また、研修指定病院も専門医よりさらに条件の厳しい指導医が常勤であり、
様々な条件をクリアしなければ、学会から指定されません。
そのため、指定病院で勤務することも難しい場合があります。

また、専門医資格は1度合格すれば何もしなくとも維持できるわけではなく、
取得後も各学会に参加・教育講演を受講したり、診療内容や指導歴の報告など、
一定の審査を経て資格を更新していかなければ維持できません。

その為、専門医の認定を受けている医師は、
専門的知識をもとに質の高い診療や患者さんへの指導を行う事ができるといわれています。

当院の院長も5つの専門医資格と2つの指導医資格を有し、
常に新しい知識を吸収し続けておりますので、
患者さんに最新で適切な診察、検査、指導、治療ができると考えております。

各学会の専門医について下記に各学会記事を引用し、
皆様にできるだけわかりやすいようにと掲載しましたので、
ご興味がある方はご欄頂ければと思います。

日本内科学会 総合内科専門医について

様々な健康上の問題、疾病に対し、総合的・継続的、そして全人的に対応する医師

取得条件として

  • 認定内科医と認定されている事
    (認定医取得にも、認定教育施設での内科後期研修1年、18症例の病歴要約提出、筆頭演者としての症例の口頭発表実績、認定医資格試験合格などの条件のクリアが必要です)
  • 病歴要約一式(20 〜 22症例分)を不備なく提出できる事
  • 2件以上の発表業績(症例報告または臨床研究)を有する事
  • 教育病院での内科臨床研修3年間以上 や 教育関連病院での内科臨床研修5年間以上などの条件をクリアし、かつ専門医試験に合格する必要があります

※日本内科学会ホームページ 受験案内 引用

2017年2月 総合内科専門医は 26,701名(日本内科学会 引用)
2014年 内科医数は 108,235名 (厚生労働省 政府統計 引用)

統計の年数は違いますが、内科医の中で現在では約2~3割ほどしか総合内科専門医を持っていない事になります。

専門医の検索は日本内科学会ホームページまで

日本糖尿病学会 糖尿病専門医について

取得条件として

  • 糖尿病臨床に関する、筆頭者としての学会発表または論文が2編以上ある事
  • 研修カリキュラムに定められた症例の経験を有する事
  • 認定内科医研修の課程を修了後、認定教育施設において3年以上常勤者として糖尿病臨床研修を行っている事
  • 継続3年以上本学会の会員である事
  • 日本内科学会の認定医または専門医として認められている者である事

などの条件をクリアし、かつ学会試験に合格する必要があります

資格の維持について

5年ごとに一定の審査を経て資格を更新する必要があります。
更新のためには、糖尿病に関連する学会に参加し、教育講演を受講し、
また、担当する糖尿病患者についての診療内容や指導歴の報告が必要とされます。

資格取得後も最新の知識や技能を維持・獲得するための研鑽を継続する必要があるため、
糖尿病専門医は臨床能力が更に向上するように常に勉強しています。

日本糖尿病学会 研修指導医について

糖尿病専門医を取得し、かつ以下の条件が必要になります。

  • 「筆頭著者(first author)」として糖尿病臨床に関わる研究論文(症例報告含む)を発表している事
    または学位(医学博士またはそれに相当するもの)を有している事
  • 「筆頭著者(first author)」もしくは「責任著者(corresponding author)」として発表した糖尿病臨床に関わる論文、
    または筆頭者として発表もしくは筆頭発表者に対して指導をした学会発表を合計して3編以上有している事
  • 糖尿病患者の診療および教育に関して十分な経験がある事
  • 連続8年以上本学会の会員である事

※日本糖尿病学会 ホームページ 引用

さらに詳しく知りたい方は日本糖尿病学会ホームページまで
専門医の検索はコチラ

日本内分泌学会 内分泌代謝科専門医について

体の広い範囲に及ぶ臓器の内分泌代謝疾患を専門的に診察し治療する医師です
特定の臓器だけを診察出来ればすむという限られた能力を有する専門医師ではありません

取得条件として

  • 内分泌代謝疾患の臨床に関する学会発表、
    または論文発表が5編以上あり、少なくとも2編は筆頭者である事
  • 内分泌代謝疾患相当例以上の入院及び外来の診療経験を有する者である事
  • 内科認定研修の課程を修了後、申請時までに3年以上、
    日本内分泌学会認定教育施設において内分泌代謝科指導医の指導の下で内分泌代謝疾患の診療に従事している者である事
  • 継続3年以上または通算5年以上本学会の会員である事
  • 日本内科学会の認定医または専門医として認められている者である事

などの条件をクリアし、
かつ学会試験に合格する必要があります

資格の維持について

5年ごとに一定の審査を経て資格を更新する必要があります。
更新のためには、内分泌代謝に関連する学会に参加し、教育講演を受講し、
また、担当する内分泌代謝患者についての診療内容や指導歴の報告が必要とされます。

資格取得後も最新の知識や技能を維持・獲得するための研鑽を継続する必要があるため、
内分泌代謝科専門医は臨床能力が更に向上するように常に勉強しています。

日本内分泌学会 内分泌代謝科指導医について

内分泌代謝科専門医を取得し、
かつ以下の条件が必要になります。

  • 内分泌代謝疾患の臨床に関する学会発表または論文発表が、
    最近5年間に5編以上ある事(このうち少なくとも1編は論文発表である事)
  • 内分泌代謝疾患に関する臨床業績を有する事
  • 連続10年以上本学会の会員である事

日本内分泌学会 ホームページ 引用

さらに詳しく知りたい方は日本内分泌学会ホームページまで
専門医の検索はコチラ

院長の主な業績

 
会長:岡山直司
第88回日本糖尿病学会中部地方会
2014. 10. 26、名古屋
招待講演:糖尿病診療に必要な知識:動脈硬化の評価法
岡山直司
第47回糖尿病学の進歩
2013. 2. 15、四日市

詳しくはこちら

スタッフのご紹介

副院長からのご挨拶・水野みゆき

患者さんとそのご家族に安心していただける環境をご提供するために、スタッフ一人一人がやりがいを持って働き続けることができる職場を作っていきたいと考えております。常に院長とスタッフとの連携を図り、明るく活気のあるクリニックを目指し全力で患者さんのサポートが行えるように努力致します。いつも笑顔をモットーに親切・丁寧な対応を心掛けて参りますので何かございましたら、お気軽にお声かけください。

看護師・臨床検査技師一同

患者さんやご家族とのコミュニケーションの場を大切にし、他のスタッフと連携しながら、皆さまが安心して来院できるクリニックづくりを心がけていきたいと思っています。

管理栄養士

自分のやりたいことができる、行きたいところへ行ける、美味しく食事ができることは、心身ともに、健康であるからこそできることではないでしょうか。食に対する価値観や、健康観、生活習慣は人それぞれ。一人ひとりに合った食事療法を一緒に見つけ、楽しく継続し、それぞれが思う健康を保てるよう、食の面からサポートします。

受付一同

少しでも不安やストレスが軽くなり、
患者さんが笑顔で通えるクリニックになるように努力していきます。
私達も笑顔で心を込めたおもてなしをしていきます。

Page Top